誹謗中傷の書き込みを削除するにはどんな方法が最善?

誹謗中傷をされたら削除の専門会社にお願いしよう!

誹謗中傷をされたら削除の専門会社にお願いしよう!

ネット上で誹謗中傷された場合、その特定や削除などは、一般的にとてもむずかしいものがあります。

たとえば、警察に依頼しても削除をするのは仕事に含まれませんし、弁護士に依頼しても、削除するに至るまでには時間も費用も掛かることでしょう。

そこで、もしも誹謗中傷の被害にあったときには、迷わず専門会社に相談しましょう。専門会社は、誹謗中傷の削除を専門としている企業なので、その手の事案に効果のあるさまざまなノウハウを持っています。

たとえば、誹謗中傷を一度削除しても、また同じような内容が掲載されることも考えられますが、専門会社であれば、そのような事態に陥らない方法もきちんと考えられているのですから安心なのです。

誹謗中傷をされたら弁護士に相談してみよう!

誹謗中傷をされたら弁護士に相談してみよう!

誹謗中傷された時は弁護士に相談するのが最善策と言えます。セオリーとしては、まず誹謗中傷されたコミュニティの運営会社の問い合わせ窓口に相談する事になっています。

しかし、現状として今ではどのSNSでも、誹謗中傷が連日連夜繰り返されており、現場のスタッフはその対応に忙殺されています。

また問い合わせをしてくるユーザーの中には単純に口喧嘩に負けた、逆に誹謗中傷した人物が腹いせに被害者のアカウントを停止しろ等と、クレームのような相談をしてくる事が急増しており、SNSのスタッフは善良なユーザーの訴えに速やかに対応出来ないのが実態です。

一方で弁護士に相談すれば、短時間で問題があるメッセージを削除してもらったり、迷惑ユーザーの迷惑行為をストップしてもらえます。

誹謗中傷をされたら国民生活センターに相談してみよう!

誹謗中傷をされたら国民生活センターに相談してみよう!

国民生活センターとは、消費者からの素朴な疑問を受け付けてくれる公的な機関です。企業の製品が壊れた時、あるいは酷いサービス対応に遭った、これは詐欺ではないか、という対応を受けた時などは国民生活センターにまず相談しましょう。

そして最近、一般のネットユーザーも巻き込まれる事が増えてきたのが、ネット上での誹謗中傷です。

政治系や経済系の掲示板など、議論が白熱しやすいコミュニティでは、誹謗中傷が起きやすく、半分致し方ない面があります。

しかし、最近では由々しき事にごく普通の市民が使う、オープンなSNSでも誹謗中傷の被害が発生しています。

それこそ善良なネットユーザーが全然知らない相手から逆恨みされて、誹謗中傷される等の被害が続出しており、困った時は直ちに国民生活センターに相談です。