不眠症のせいで不健康だしハゲで格好も付かないなんて最悪です…。

何故、人は不眠症になるのか?

何故、人は不眠症になるのか?

不眠症の原因はざまざまあります。精神的なものから他の病気によるものなどがあります。一番多いのが精神的なものです。

代表的なものに不安、緊張、イライラ、落ち込みなどか生じるストレス因子があります。学校や職場などでの仕事の悩み、対人関係などにより発症します。

ストレスを感じると体は緊張状態になります。こうなると体が興奮しリラックスできなくなります。そしてなかなか眠れない、睡眠が浅くなり夜中に目覚めたりします。

他の病気が原因の場合は精神的なストレスが原因で起こるうつ病、体に痛みを起こすがん、かゆみを起こすアレルギーなどがあります。

いずれも不眠症の治療は、ストレスを除去したり他の病気の治療を併用して行わなければ治癒することはできません。

何故、人はハゲになるのか?

何故、人はハゲになるのか?

髪の毛には毛周期があり、成長期から退行期、そして休止期を一つのサイクルとして、おおよそ2年から6年の間隔でこのサイクルを繰り返していきます。

しかし、何らかの原因で男性ホルモンの分泌が増えすぎると、成長期が短くなる現象が起きます。これが毛周期のミニチュア化です。

成長期が短くなるので、毛が十分に成長できなくなり、髪の毛が細くて弱々しくなっていきます。それにより、抜け毛が増え、薄毛が進行していき、最後にはハゲてしまうのです。

しかし、ストレスによる円形脱毛症や皮膚にカビがはえる膠原病、鉄分欠乏症など、この他にもさまざまな抜け毛、薄毛の原因があるため、はっきりとした原因を究明するには、医療機関での検査が必要です。

何故、人は自信を無くすのか?

何故、人は自信を無くすのか?

人間は、何かをきっかけに自信を無くしてしまうことがあります。自信を無くして自己評価を下げると、更に物事が上手くいかなくなり、悪循環になります。

自信を無くしてしまう原因やきっかけには、様々なことが考えられます。その主なものは、周りからの評価が低い場合や、自分の思い通りに物事がいかないこと。そして人と比べてしまうことなどがあります。

人からの評価は、周りとの比較によることが多いといえます。人間は、幼い頃から周囲との比較や競争があります。

学校の勉強やスポーツ、社会人になってからは仕事など、あらゆることにおいて比較されることが多く、周りに比べて成績が悪かったり劣っていることで自己評価が下がり、自信を無くしてしまうのです。

また自分の理想を描いて、思い通りにいかない時に、自信を無くしてしまうことがあります。