不眠症でハゲている男性が悪質な誹謗中傷を受けた場合

個人情報をSNSで晒された場合

個人情報をSNSで晒された場合

SNSで個人情報をさらされた場合、プライバシー保護の観点からも情報の発信元の人と知り合いの場合は直接削除をするように告げる必要があります。

情報の発信元の人と知り合いでない場合や、接点がない場合にはSNSのサービスを提供している会社に削除依頼をすることで相手のアカウントが停止されたり情報を削除してもらえるケースがあります。

又、削除依頼をしても情報がされされ続けている場合や、何度もさらされる場合には警察に相談したほうが良いケースもあります。

個人情報がさらされ続けるとプライバシー面の安全が侵されますし、精神的な不安にもつながります。個人情報がさらされていると気づいた時点でなるべく早めに行動するのがおすすめです。

SNSで容姿の誹謗中傷をされた場合

SNSで容姿の誹謗中傷をされた場合

SNSで容姿の誹謗中傷をされる人々がいらっしゃいます。有り体に言って美男美女は、本当に世間の人々から、逆恨みされやすいです。

ごく普通な写真・動画をアップしているだけで、誹謗中傷の書き込みを飛んできます。容姿や体型、コーディネートのセンスを誹謗中傷される人々も多いですが、あまりにも悪質で高頻度な場合は、SNSの管理者に相談しましょう。

どのSNSにも運営母体があります。問い合わせ窓口のページを開き、そこに受けている誹謗中傷について詳しく明記しましょう。

最近ではどのSNSでも、誹謗中傷が厳格に進められており、特に個人の容姿を執拗に悪く言う書き込みは、厳正に対処してもらえます。

ある意味で分かりやすいメッセージであり、困った時は運営母体に相談し、削除依頼を出すべきです。

SNSで殺人予告を受けた場合

SNSで殺人予告を受けた場合

使用していない人が少ないといえるほどほとんどの人の生活の中にあるSNS、世界中の人とつながることができ、共通の趣味などを通じて多くの人と交流ができる素晴らしいものです。

しかし、従来のコミュニケーションと違い、顔を直接つき合わせたものではないため、相手への批判や暴言を吐きやすくなってしまうという悪い面もあります。

本名や顔を出していない場合がほとんどなため、自分に対して悪意を持っている人が特定しにくいというのもSNSの恐ろしいところといえるでしょう。

この悪意が行き過ぎてしまうと、殺人予告のような恐ろしいものに発展してしまうこともあります。本気か冗談かは言われた側からは判断することはできません。このような場合は警察や専門家に相談するようにしましょう。