誹謗中傷の被害に遭ったら、弁護士に相談するべきなの?

誹謗中傷削除を弁護士に頼むメリット

誹謗中傷削除を弁護士に頼むメリット

口頭と比べて、ネット上の誹謗中傷は、いつまでも残ってしまいます。しかも、削除しようとしても、なかなか上手くいかないのが現状です。

管理者が素直に応じてくれればいいのですが、そもそも責任者と連絡がとれないことさえ少なくありません。

そんなときは、開示請求などを求めて、裁判を起こすことになりますが、なかなか素人にはハードルが高い行為です。

ここに、弁護士に依頼するメリットがあります。法律の専門家に任せておけば、運営元へ正当な手続きをとり、誹謗中傷を迅速に削除させることが可能です。

発信者の身元を明らかにすることもできますから、民事訴訟への道も見えてきます。弁護士に頼むメリットを把握して、有効な誹謗中傷対策を実行していきましょう。

誹謗中傷削除を弁護士に頼むデメリット

誹謗中傷削除を弁護士に頼むデメリット

誹謗中傷の書き込み削除を弁護士に頼むデメリットですが、やはり高額な費用が掛かる点です。

弁護士に相談すれば、迅速に対応が進められますが、コストが高くつく場合が多く、個人や経営力の弱い個人事業主の場合、願いが叶っても、今度は金欠になる、というデメリットがあります。

またITに精通した若い弁護士であれば、SNSや匿名掲示板で誹謗中傷された、と相談すれば直ちに理解し、対処してくれます。

一方でパソコンやネットに疎い年配の方に相談した場合、依頼主がネットやSNSの仕組みなどを最初から説明しなければならず、また誹謗中傷を受けた側に問題がある等、本来であれば味方になってくれるはずの弁護士から批判されてしまったりと、辛い結果に終わります。

誹謗中傷削除は弁護士と業者どちらに頼む?

誹謗中傷削除は弁護士と業者どちらに頼む?

誹謗中傷削除は弁護士に頼むのが確実です。誹謗中傷の内容にもよりますが、悪質な場合には損害賠償請求をしたり、裁判をしたりすることもあるので、その意味でも弁護士に相談をしておいたほうがスムーズでしょう。

しかし、弁護士は必ずしも誹謗中傷削除について詳しいというわけではありません。弁護士はすべての法律トラブルについて対応ができますが、得意・不得意があります。

なるべく誹謗中傷の問題に強い法律事務所を選びましょう。誹謗中傷削除の専門業者に依頼をすることのメリットは、誹謗中傷削除について専門で扱っているので経験や実績が豊富であるということです。

料金も法律事務所よりも安く対応してくれることもあります。専門業者ならメールや電話での相談が基本的に無料なので、損害賠償請求や裁判などを考えていないなら、まずはこちらに相談をしてみることがおすすめです。